どうぶつブログ

(ヒト ∈ 動物)について、いろんなこと書いてます。

イタイ女

デヴォタってのはね、ヘンな女(チンパンジー)なんです。

 

まず顔がヘ…いえ、なんだか、個性的。

でも顔写真これしかないんだなあ。

f:id:hsakuragi:20180209154532j:plain

 

つり目つり耳、眉骨がっしり、肌ピンク系、そして私の印象ではよく口を尖らせている(アヒル口とかのかわいいやつではない)。

 

このひとね、メスなんだけど、アルファオス(ランキング1位のオス)と一緒にいると、自分も調子に乗ってディスプレイしたりする。

ディスプレイっていうのは、オスが「オレは強いんやで~」ってアピールするために、全身の毛を逆立ててうわ~って走り回ったり、枝切れぶん回したり、だれかを叩いたりして、周りにいる奴らに見せつけることなんですけど。

メスはべつに「強いぞランキング」みたいなのないし、やる必要ないんですよ。

でも、デヴォタはやる。。無駄に。。

で、周りのメスが「アンタなんなのよ!!!」ってなる。。

デヴォタはどこ吹く風。。

 

そんなデヴォタは、カッコつける(?)割にはカッコがつかない女でもあります。

私がカナートというメスと二人の娘たちを追っていたときのこと。

地上を歩いていたカナート一家は、あるところで樹に登り、そのまま樹上を移動して別の樹にたどり着き、そこでのんびり木の実を食べていました。

そこへ、デヴォタ現る。樹の根元で、一家を見上げる。

「うまそうに食っとるの。わしも行くわ」って感じで、下から登ろうとしたんですが、いかんせんその樹、ぶっとくて、おまけにツルツルで、チンパンジーをもってしても登れやしないんですわ。

 

いや、大のオトナのチンパンジーが樹に登れないなんて、ないんですよ、普通。

「ほっ!」「はっ!」

って感じで、何度も四肢を広げて幹に飛びつくんですが、全く上へ進めない。。

初めて見ましたよこんなん。

f:id:hsakuragi:20180212172700p:plain

 (一応、しがみついてる感じを示そうとしております。)

結局、4、5回試みたのち、「しゃあねえな」っつって(言ってないけど)どこかへ行ってしまいました。

 

…と思ったら5分後ぐらいに、上から現れまして。

カナートたちがそうしたように、樹を伝って移動してきたんですね。

「気づきましたか、姐さん…」と、私は彼女の(それなりの)洞察力および不屈の精神(食い意地)を称えたい気持ちになりました。

 

赤ちゃんを産んでからも、変わらず自由に振る舞っているデヴォタ。

最後に観察した時は、お腹に赤ちゃんをくっつけたまま、イキったオスのように走り出し、樹の板根(根の近くの幅広い板状のところ)を勢いよく蹴ろうとして、

 

f:id:hsakuragi:20180212173004p:plain

完全に外してました。 

(うまくいけば「ドンッ」という、いい音が鳴るのだ…。)

 

永遠なれ、デヴォタ。。

 

--

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

--