どうぶつブログ

(ヒト ∈ 動物)について、いろんなこと書いてます。

野生チンパンジーの赤ちゃんの「お披露目会」!

チンパンジーの群れに新しい赤ちゃんが生まれると、「お披露目会」のようなものが開かれることがあります。

ような、っていうのは、生まれて間もない赤ちゃんを抱いたお母さんが、みんなが集まってるところにやってきて、「生まれましたーよろしくー」ってご報告してるように見える、というか。

で、みんながいっせいにワラワラと寄ってきて、「どれどれ」ってのぞきこむの。

 

こちら、なんと御年推定50歳でお子さんをお産みになった、そろそろ寿命のイコチャさん。
(チンパンジーは基本、閉経しないのだ)(白いおひげがおばあちゃんっぽいでしょ)

f:id:hsakuragi:20180127211836j:plain

 

この日、気づいたら近くの樹の下にイコチャさんがやって来ていて、軽く周囲を見回してから上を向き、「ホゥ ホゥ ホゥ」というふうにソフトに鳴いたんですね。

(ブレブレだがまさにその時 ↓)

f:id:hsakuragi:20180127212022j:plain

 

すると、樹の上にいたチンパンジーたちがするすると下りてきて、ぐるりとイコチャさんを囲んだんです。(写真では、囲まれすぎてて本人見えませんが。。↓ )(左奥からもいそいそとコドモが歩いてきてます。)

f:id:hsakuragi:20180127210101j:plain

 最初、何が起こってるかよくわからなかったんですが…

 

よくよく見たら、

お腹にめっちゃちっさい黒いの(赤ちゃん)がくっついとる!!
(手前にピント合っちゃっててすみません)

f:id:hsakuragi:20180127210115j:plain

 

ばあさん赤ちゃん産んだんか!!って。。

もうそろそろ死ぬ歳ですからね。てか、死んでてもおかしくない歳ですからね。

 みんなしきりにイコチャさんを毛づくろいし、小さな小さな赤ちゃんをのぞきこんでいました。

 

しばらくは、ワカメスのエンジュ ↓ がそばを離れず。
このちょっと前にイコチャさんが座っていた場所のにおいを、しきりに嗅いでいるところです。(そして「何してんの、はよ毛づくろいの続きを」と振り返るイコチャさん。)

f:id:hsakuragi:20180127210130j:plain

 

たぶん、イコチャのお尻がまだ普段とはちがうにおいを発していて、それが地面についてたんでしょうね。

 

赤ちゃんはこんなつぶれ気味のお顔。

f:id:hsakuragi:20180127210943j:plain

 

そんなわけで、

「だれだれのとこに新しい子が生まれた!」「どんな子どんな子?」

って、みんなで赤ちゃんを迎え入れてるんですねえ。

(時期によってはみんなにいっせいにお披露目するのが難しいこともあるけれど…それはまた、別の話。)

 

だから、決してみんなただの「赤ちゃん」じゃなくて、

ちゃんと、顔のある子、なじみの仲間が産んだ子、これから長く仲間としてやっていくことになる子として、認識されているんですね。

 

…まあ、生まれてしばらくはまったく顔で見分けはつかんけど(少なくとも私たち人間には)。。

お母さんのお腹にずっとくっついてるから、いいんだけどね。。

 

-- 

国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

--