どうぶつブログ

(ヒト ∈ 動物)について、いろんなこと書いてます。

透明人間になりたいけど、程度問題なのよね

マハレでチンパンジーを観察するとき、研究者は一応、 7m 離れていないといけないことになっています。

これは、なるべく心理的ストレスを与えたり、邪魔したりしないようにというのもあるんですが、病気をうつしてしまったりしないように、という配慮でもあります。

(だから実は、観察中はずっとマスクをしています。すげえ暑い。。追いかけてるときはむっちゃ息苦しいし。。) 

 

f:id:hsakuragi:20180122230357j:plain

こんなふうにトレイル(道)上にいてくれると観察がめっちゃラク

 

ただね

こっちがいくら気を遣おうとも、

チンパンジーのほうは気を遣ってくれたりしないわけですよ。。

どういうことかってーと、向こうは長年間近で人間に観察されてるから、ほとんどの奴はこっちのことなんてなんとも思ってないわけですね。(とくに、生まれたときからこの群れにいるオスたちはね。)

データを取ってる者としては、なるべくチンパンジーの行動に自分の存在が影響を与えないほうがいいから、無視してくれた方がいいんです、当然。

理想は透明人間なの。

 

でもこっちがせっかく距離あけようとしてもさ、「なんかそこ、座り心地よさそうだから」みたいな感じでわざわざ私の真横にやってきて座ったりするのは、向こうなわけですよ。こっちが見えてないかのように。。

 

f:id:hsakuragi:20180122230344j:plain

クマさんみたいな座り方するよね。

 

で、こっちとしても、やっぱり座り心地がよかったからとか観察しやすかったらとかいう理由でそのいい感じのスポットに座ってるわけですが、

 

どけざるを得ないですよね、当然。

 

なんとなく、釈然としない。。

 

(けど

 ちょっと、楽しい)

 

っていう、だけのことなんですけど、まあ。。

 

皆さん、野生動物を観察するときは、適切な距離を保ちましょう(保つ努力をしましょう)ね〜〜